英語はロックで学び、覚え、しゃべることをした時代が60年代後半。CCRの曲はビートルズをもぶっ飛ばした

僕は評論家ではなく、
いち音楽マニアでしかない。
リアル・タイムで
ロックやR&Bを聴いたことが、
”オタク”っぽさから救われていると思う。

CCRはロック史に輝くスーパーグループだ。
68年から約4年間の活動で、
素晴らしいアルバムとヒット曲を数多く残した。

この時代はE・クラプトンのクリームや
ジミ・ヘンのニューロックが台頭する。
ソウルフルな音楽が評価された。
CCRはニューロックではないが、
ソウルフルなリーダーでボーカル、ギターの
ジョン・フォガティの唄とギター奏法は、
ニューロックに負けていなかった。

この時代にロック・バンドを組んでいた僕は、プレイヤーとしての見切りをつけた。

日本のロック・グループが
新しいロックの台頭の差を拡げられて消滅していき、
フォークやニューミュージックを売っていくしかない”実情”は
リアルタイムな僕らの世代には理解できた。

ロックからジャズに転向する
ミュージシャンも多かった時代。

日本のロックはアメリカにこの時、殺されてしまったのだ。

尊敬の念をいだいてCCRを「スゴい‼」と
今でも聞いている。

好きな曲は「フール・ストップ・ザ・レイン」。
ベトナム戦争でのナバーム弾を唄ったプロテスト・ソングだ。

日本で一番ヒットしたのは
「雨を見たかい」(71年全米8位)。
松山ケンイチと妻夫木聡が出演した
「マイ・バック・ペイジ」の劇中で、
この曲を松山ケンイチが唄うシーンがある。

学生運動で出会った新聞記者と革命家を自称する2人を中心に描いた
60年代後半の若者の生き方と挫折が描かれた映画。

ロックの本質は
体制に対する批判、不満である。

Oimachi Act./おい街アクト

北九州からお届けするエンタメ情報発信サイト 「Oimachi Act./おい街アクト」 ひとくせある編集部から毎日正午(12:00)に クセのある情報を公開!!