カリスマ、こだわりの鈴木彩子のデビュー30周年のベストアルバムを聞いた。 映像を観た。SAIKO SUZUKI/ALL TIME BEST ALBUM

「あの素晴らしい愛をもう一度」で
鈴木彩子を知った。
シャフトして唄うと詞もメロディーも良い曲が、さらにパワーアップされる‼
と感心してアルバムを買った。
今回はレコード店で新譜を検索していたら、30周年記念のベストアルバムを見つけた。
DVDが付いている方を買うことにした。
鈴木彩子のライブを見たことがなかったので興味が沸いた。
そして他にどんな曲を唄っているのか、
知りたくて。
事故に合った(起こした?)とか、
高校を中退して上京した。
高校時代はテニスで期待されていた。
最初はモデルにならないか?と言われ、
シンガーとして一本でやりたい、と
強い意思表示を
したことなどを知ることができた。
ベストアルバムを聴くと彼女の生き様、
考え方、人生観などが多少なりとも
知ることが出来るのでは?と。DVDもしっかりと観た。
「反逆児?」
「ここまでやる!?」
「なんで高見沢が出てくるの?」
レコード会社は彼女の売り方を間違えたのではないか?
という残念な気持ちになった。
優しさの裏返し、寂しさの裏返し、――それらが出過ぎているようで、
「わかった‼わかった‼」と言いたくなったのが正直な感想。
いろいろな人が余計な手を伸ばし過ぎて、本人もプレッシャーがあっただろうに、
と音楽業界の”良くない”部分が見えるようだった。

彼女の唄を聞いていると、
まるでDVを受けたり、
差別を受けたり――
それがレコード会社からの
プレッシャーに対する
”反抗”のようにも聞こえてきた。
現在はインディーズな活動。そしてフラワー・コーディネイトの仕事もしているそうだ。
そこにこそ鈴木彩子の居場所があるのだろう。
日本は狭い。それだけに寄り付きやすい。いろいろな人が来て、ああだ、こうだ
と言う環境が事実ある。
大自然の中で作る曲には”風の流れ”や”雲の流れ”があったりする。
だから”ギスギス”した曲は作れない。
花と交わることにより、新しい世界が鈴木彩子を包み込んでいるのだろう。
そんな環境で生まれる彼女のシンガーソングライターとしての曲がいつか又、開けるだろう。
やる気と行動力、なにがなんでも、という根性はスゴいものを持っている人だ。

Oimachi Act./おい街アクト

北九州からお届けするエンタメ情報発信サイト 「Oimachi Act./おい街アクト」 ひとくせある編集部から毎日正午(12:00)に クセのある情報を公開!!