駒井蓮。自然体で表現力が鋭い。役者としての資質が備わった新女優に期待!

このおい街Actに掲載するための邦画の比較的
新しい作品を観るように心掛けている。
 
前回紹介した「接吻」もその"成果"と思いたい
が。
 
今回は映画そのものは紹介しないでもいいと
思うが、いい若手女優を知ることができた。
 
直木賞作家の道尾秀介の原案を脚本化した映画「名前」。
 
この作品に出演し、女子高生役を演じている駒井蓮のことだ。
 
下手な部分がないのが素晴らしい、と感じた。

この女優は未だ新人なのだろうが、間のとり
方、セリフを発する際の顔の表情、目線が自然体で、最近の若手の中では正統派の資質が存分にあるとみた。
 
父親役の津田寛治が対照的に役を作りすぎているのが、一層、彼女を引き立てているのか。
 
駒井蓮は今、期待されている女優で、人気も
うなぎ上りと、調べて知ったが、皆感じるこ
とは同じなのだとも。

このまま育って欲しい女優だ。
 
●「名前」(2018年作品)
監督/戸田彬弘
出演/駒井蓮、津田寛治、他

Oimachi Act./おい街アクト

北九州からお届けするエンタメ情報発信サイト 。ひとくせある編集部からクセのある情報を公開!!エンタメ多めに関してはあしからず。更新情報は公式Twitter(@oimachiweb)にてお知らせ。